アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダは人をホリスティック(全体的)に見る世界最古の医学です。現在ではライフスタイルを提案する予防医学的な役割を担っています。

アーユルヴェーダでは、人は生まれつき「ドーシャ」と呼ばれる生命エネルギーを持っていると言われています。

ドーシャは「ヴァータ(空と風)」「ピッタ(火と水)」「カパ(水と地)」の3つから構成され、このドーシャのバランスが崩れると、さまざまな不調や疾患があらわれると考えられています。

ドーシャを知るには

プラクリティとヴィクリティの診断で自分のドーシャを知ることができます。

プラクリティ=生まれながらに持ち合わせている性質

ヴィクリティ=後天的な影響をうけ、変化する心や体の性質

ここでは、今の状態を知ることができる“ヴィクリティ”にフォーカスしています。

ヴィクリティ診断

ヴィクリティは「過剰」を意味します。
人が本来持つ性質から、周囲の環境や季節、年齢など、さまざまな影響をうけて変化するのがヴィクリティです。

この診断で、本来の性質のバランスよりも過剰になって乱れているエネルギーを知り、自分をケアしてあげましょう。

「本来のあなたらしい健やかな心と体」で過ごすためのヒントとしてお使いください。

今日のあなたがわかる18のチェック

診断のコツ①

下記のリストを見て、今日または一週間以内の自分に当てはまる項目をチェックしましょう。

診断のコツ②

このチェックは三択ではなく、どれにも当てはまらない場合もあります。その場合は空白にしておいてください。

診断のコツ③

あまり難しく考えず、直感で答えてください。



さぁ!スタートです。

Q1今日の天気は?

Q2あなたの体温は?

Q3あなたの肌質は?

Q4あなたの食欲は?

Q5あなたの口の中は?

Q6よく食べる食事は?

Q7あなたの話し方は?

Q8あなたのメンタルは?

Q9気になることがあるとどうなる?

Q10仕事や趣味に対しては?

Q11お金については?

Q12人に対しては?

Q13周りの環境は?

Q14あなたの睡眠は?

Q15よく見る夢は?

Q16朝起きたらどんな感じ?

Q17あなたのお通じは?

Q18当てはまる不調があればチック!

診断結果

数の一番多いものが今乱れているドーシャです。